愛せるクルマを、愛せる価格で。新車・中古車のネクステージ

ネクステージの重要課題(マテリアリティ)

ネクステージの重要課題(マテリアリティ)

経営理念に基づき、ネクステージが経済的価値・社会的価値を実現するために、経営における重要課題として以下の3点を決定いたしました。

DX推進による
お客様満足の向上

人的資本
の拡大

環境取り組み
の加速

重要課題(マテリアリティ)の特定プロセス

Step1:サステナビリティ重要課題の抽出

企業が経済、環境、社会に与えるインパクトを報告し、持続可能な発展への貢献を説明するためのフレームワークであるGRIスタンダードをもとに、課題を検証しました。
GRIスタンダードが開示を求める経済、環境、社会の各項目について、ネクステージは考慮すべき重要な要素※1を踏まえて、「ステークホルダーからの期待」と「ネクステージにとっての重要度」の軸でインパクト評価※2を実施しました。
結果、サステナビリティ重要課題として下記を抽出しました。

  • ※1 考慮すべき重要な要素
    ●4つの経営戦略(「全国的な店舗展開」「店舗オペレーションの標準化」「管理顧客数の拡大」「商品管理」)
    ●各ステークホルダーの関心事
    ●メガトレンド(長期的な経済・環境・社会の変化)

  • ※2 インパクト評価の際に考慮した要素
    発生可能性/発生した場合の規模感/影響を与える範囲/リカバリーの難易度/経営に与えるプラス・マイナスの影響の大きさ/企業価値に与えるプラス・マイナスの影響の大きさ

Step2:サステナビリティ重要課題に対応した取り組みの整理

Step1で抽出したサステナビリティ重要課題に対応した、当社の事業及び取り組みについて整理しました。

Step3:マテリアリティの特定

Step2で整理した取り組みについて、「お客様」「従業員」「地域社会」の各ステークホルダーごとに整理し、ネクステージのマテリアリティとして特定しました。
マテリアリティは、経営理念に基づき、ネクステージが経済的価値・社会的価値を実現するために、4つの経営戦略にひも付く指針であり、経営における重要課題として価値創造プロセスに組み込んでいます。